検索
  • Article written by Manami

くじけそうな時に思い出してほしい言葉。 #008

最終更新: 2019年4月2日



人生は決断と選択の連続ですよね。


私はまだ25年しか生きていませんが、

神様は絶妙なタイミングで、その時の自分のレベルに合わせた試練を与えてくれる、とつくづく感じます。


クリスチャンの友人が、私にプレゼントしてくれた聖書の言葉にこんな一文があります。


“He has made everything beautiful in its time”

「神がなさることはすべて時に適い美しい」


私はこの言葉を、

「人生のチャンスや出会い、苦難もすべての出来事は、

一寸たりとも時を違えず与えられているのだ」

と解釈しました。


人生に良い事も悪い事もある意味は、それらの経験を通して、学ぶべき何かを得るため。

そのタイミングは、自分では決められないからこそ、人は成長するのではないかと思うのです。


過去には戻れないがゆえに、

人は痛みを感じ、一皮むいた自分になれる。


ひとつステップアップするごとに、

またひとつ、より難易度の高い課題を与えるのが神様。

まるで、時を見計らっていたかのように!


「苦労は買ってでもしろ」

という言葉がありますが、苦労はできるだけしなくていいと思います。


しかし、問題に直面した時に対処できるだけの力を備えておく必要はあります。



たくさんぶつかって、たくさん悩んで、その度に向き合い、乗り越えてきた人は

そうではない人と比べて、

「厚みのある人」に仕上がっていくのではないか、と最近ふと思ったのです。

厚みのある人は、達観した考えを持っています



年齢は一切関係ありません。



乗り越えなければいけない困難に遭遇している人に

「それは神様が与えた試練だよ」

なんて言ったら、無責任かもしれません。



現在をつくっているのは過去の自分、

未来をつくっているのは現在の自分なのだとしたら、



今を大事に、

自分を大切に、

ひとつひとつの出来事から何かを得る姿勢をもち、

幸せの方へ舵を切れたらいいなと思います。


今の自分がいるのは過去の自分のお陰だと思える未来にしたいですね。


このブログで一番人気の記事は、こちら。「すべてをポジティブに考えなくてもいい。#001」

前回の記事は、こちら。「指先こそ、女度を高めておく。#007」

0回の閲覧

元ミスユニバース長崎が教える美のセオリー

ワンランク上の自分へ​。

セルフプロデュースのヒント

About Me

池田愛実 Manami Ikeda (26)

1993年生まれ    長崎県出身

ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会 2018 グランプリ

​ミス・ユニバース・ジャパン日本大会  TOP 16

モデル・美容ブロガー・食生活アドバイザー

Read More

 

Miss Universe Japan Nagasaki 2018

© 2020 by Manami Ikeda. All rights reserved.

Join My Mailing List
  • White Facebook Icon